シンポジウム・報告会・研修会開催履歴(2013年〜)

【2021年3月】ミャンマーが難民をうみだす状況と、日本と韓国における第三国定住難民支援に関するオンラインセミナー

【2020年11月】ベトナム人対象オンライン日本語講座「Thông tin về Lớp tiếng Nhật!」

【2020年11月】オンライン講座「多文化共生」を考える研修会2020

【2019年11月】JLPT模擬試験と解説

【2019年8月】「多文化共生」を考える研修会2019

【2018年11月24日、12月1日】KFC研修会2回連続シリーズ「外国人の生活課題を知り何ができるか考えましょう!」

【【2018年11月10日】】日本語ボランティア向け事例発表会「大人への日本語学習支援をどういうふうにしていますか」

【2018年10月11月】研修会「『生活の漢字』学習支援者養成出前講座」

【2018年9月】研修会「神戸に住む外国人とやさしい日本語を使ったコミュニケーション」

【2018年8月】「多文化共生」を考える研修会2018

【2018年8月】普通免許試験対策講座

【2018年6月30日】沖縄戦遺骨収容国吉勇応援会遺品展示会「遺品が語る沖縄戦~隠された多様性を探して~」を開催します!  

【2018年2月17日】成人の外国人の学習の場について考える

【2017年12月3日】多文化共創と高齢者ケア~言語的マイノリティ高齢者を包括したケアについて考えるシンポジウム

【2017年10月~】2017年度 日本語ボランティアの基礎講座

(チラシ裏面)

【2017年9月】日韓国際シンポジウム「外国ルーツをもつ若者が活躍する社会に向けて『共生の方法論~移住当事者のエンパワーメント~』」

【2017年3月~】外国人の子ども・青少年エンパワメント事業報告会「これからの青年・子どもにとって必要なこと」

【2017年1月~】地域日本語教室を考える2017

【2016年12月~】日本語学習支援の事例発表会

【2016年11月~】日本語支援者向けステップアップ研修会

【2016年9月】日本語ボランティアのための基礎講座

【2016年9月】日本語カフェを開催

にほんご、English、Tieng Viet

【2016年8月】「多文化共生」を考える研修会2016

\

【2016年2月】地域日本語教室を考える

【2015年11月】研修会「日本語ポートフォリオと学習記録簿」

【2015年10月】りょうりこうりゅうかい「おこのみやき」

【2015年10月】りょうりこうりゅうかい

【2015年10月】コペンハーゲン研究会2015の報告「学習記録簿の実践」について

シンポジウム「地域日本語教室のあり方を考える」

第一部  13:00~13:40 兵庫県における外国人県民の日本語教育について                財部仁子
               【(公財)兵庫県国際交流協会日本語教育指導員】 など

【期間】2015年2月21日(土)13:00~16:30
【場所】(公財)神戸国際協力交流センター会議室(神戸市中央区浜辺通5-1-14神戸商工貿易センタービル2F)
【参加費】無料
【定員】50名(先着申し込み順)

KFC日本語研修会「初級日本語テキストの紹介」

昨今、初心者や初級者の日本語のテキストは数多く出版されています。学習する方のさまざまなニーズに応えらえるようになってきていますが、私たちはどのようにそれらを 活用すればいいのでしょうか。文法学習を基礎とするか、生活上のことを中心に学習をすすめていくか、よく目にするテキストの目的や使い方を確認しましょう。あるテキストを使ってみて、どうであったか。いい点と足りない点など使用した人同士で話し合うときっと役に立つでしょう。多くの方のご参加をお待ちしています。

【期間】2015年2月14日(土)13:30~15:00
【場所】ピフレホール会議室A(JR新長田駅徒歩1分)
【参加費】無料 ※申込み不要

チラシを見る

KFC日本語研修会「①自分で決める日本語学習②日本語学習記録簿からわかること・その活用方法」

言語学習において、ヨーロッパでは「自律学習(autonomous learning)」の有効性が盛んに言われています。では、どうやって自律学習にむかっていけばいいのでしょうか。  地域の日本語教室は、学校のようなカリキュラムで学習するわけではありません。自分で 学習を決めていく必要があります。そして私たち、支援者は学習者のニーズに沿ってサポート していくのが理想的な学習の形でしょう。今回、具体的にどうやって学習内容や方法を決めればいいかを取り上げます。

【期間】2015年1月31日(土)13:30~16:00
【場所】(公財)神戸国際協力交流センター会議室(神戸市中央区浜辺通5-1-14神戸商工貿易センタービル2F)
【参加費】無料 ※1/30(金)までにお申し込みください

チラシを見る

未来につなぐコンサート~音楽で紡ぐアジア共生のつどい~

阪神・淡路大震災から20年、韓国・中国・ベトナム・日本の多民族楽器演奏及び震災時の助け合いスピリットの継承のためのコンサートを開催します。

【期間】 2015年1月18日(日)14:30~16:45(14:00開場)
【場所】新長田勤労市民センターピフレホール
【参加費】無料
【定員】400名(申込不要、先着順)

チラシを見る

外国にルーツを持つ小学校入学前の子どものためのプレスクール

2011年度より外国にルーツをもつ就学前の子どもの学習支援教室を開催しています。
教室は新長田教室と、神戸東の「はいず教室」の2カ所があり、それぞれ開催時間は違います。
対象は、外国にルーツをもつ4歳以上(年長・年中)の子どもです。

【期間】 2015年1月17日(土)から3月28日(土)の土曜日
     ※3月7日(土)を除く
     新長田教室:10:30-12:00
     はいず教室:14:00-15:30
【参加費】2500円(全10回)
【学習内容】
ひらがなの書き取り、発音、小学校で使う単語の習得、数字、数詞の学習、など。
一斉授業と個別指導を組み合わせて、ひとりひとりの学習カリキュラムを作成します。


【新長田教室】日本語  한국  中文  Tíếng việt  Español  English
【はいず(神戸東)教室】日本語  한국  中文  Tíếng việt  Español  English

「多文化共生」を考える研修会 2014

兵庫県には、147か国、約9.7万人の外国人県民が住んでおり、さまざまな場面で接する機会が増えています。文化や言語、生活習慣の違いを認め合い、互いに尊重し合う多文化社会の実現をめざし、今回で14回目を迎える「『多文化共生』を考える研修会」を下記内容で開催します。興味のある方は、是非、ご参加下さい。

8月18日(月)【「多文化共生」社会に向けて】
於 国際健康開発センター3F会議室1
13:30~13:35 主催者あいさつ
13:35~15:00

「だからあなたもがんばって!~日系ブラジル人の子どもが夢を叶えるまで~」
KELLY(モデル)
コーディネーター:乾美紀(兵庫県立大学環境人間学部准教授)

15:15~16:45

「相談事例とその対応~とよなか国際交流協会の相談活動から~」
平松 マリア(とよなか国際交流協会フィリピノ語多言語スタッフ、 フィリピノ語通訳/翻訳)

8月20日(水)【歴史から考える共生】
於 国際健康開発センター3F会議室1
13:30~15:00 「パレスチナ問題から歴史認識を考える」
岡 真理(京都大学大学院人間・環境学研究科教授)
15:15~16:45 「神戸華僑の歴史」
愛新 翼(孫文記念館副館長)
8月22日(金)【外国人の子どもの教育】
於 海外移住と文化の交流センター
13:30~15:00 「『いっぽ』からひろがり、つながる松阪市の外国人児童生徒教育~学校・地域・行政の協働による教育の創造をめざして~」
小筆 邦昭(松阪市教育委員会事務局人権まなび課指導主幹)
15:15~16:45 「多文化の子どもたちの居場所づくり~Minamiこども教室をひらいて~」
金 光 敏(Minamiこども教室代表)
8月25日(月)【外国人受け入れ政策】
於 国際健康開発センター3F会議室1
13:30~15:00 「EUの難民受け入れ政策~移民受け入れ政策との比較的視点から~」
小山 晶子(名古屋大学国際教育交流センター特任講師)
15:15~16:45 「日本の難民受け入れ政策の過去・現在・未来」
中尾 秀一(難民事業本部関西支部長代行)

主催:(公財)兵庫県国際交流協会、NPO法人 神戸定住外国人支援センター、兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市
【資料代】 500円/回(全回参加で初回納付の方のみ1500円)
【申込締切】 8月11日(月)
【会 場】
◆8/18(月)、8/20(水)、8/25(月)※定員 80名
国際健康開発センター3F会議室1
(神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1国際健康開発センター3F)
JR灘駅・阪神岩屋駅から歩いて15分
◆8/22(金)     ※定員 60名
海外移住と文化の交流センター(旧神戸移住センター)
(神戸市中央区山本通3-19-8)
・元町駅から歩いて15分・三宮駅から歩いて20分
・三宮より市バス7系統「山本通3丁目」から歩いて5分
【申し込み・問い合わせ】
(特非)神戸定住外国人支援センター(KFC)
〒653-0038 神戸市長田区若松町4-4-10アスタクエスタ北棟502
TEL078-612-2402  FAX078-612-3052 kfc@social-b.net

「在日外国人高齢者支援」報告会

 外国人集住地域である神戸市においては、外国人住民も日本人同様高齢化しており、その文化や言語に対応できる高齢者介護の需要が増えています。NPO法人神戸定住外国人支援センターでは、従前より、食事会・交流会活動、介護保険事業(デイサービス・訪問介護・グループホーム)等を、外国人高齢者らの母語ができるスタッフを配置する等、文化的背景に配慮して実施してきました。
2013年度は、多文化共生型の小規模多機能型居宅介護事業を開始し、マイノリティ高齢者の介護需要に対応すると共に、外国人・日本人高齢者が地域で共生できる体制作りに取り組んでいます。また、本事業開始にあたり、中国残留邦人帰国者・在日ベトナム人高齢者の生活課題調査、在日ベトナム人高齢者支援事業、海外(オーストラリア)先進事例調査を実施致しました。 本報告会では、小規模多機能型居宅介護事業の実践報告と併せて、これら調査・事業の報告もさせていただき、ご参加いただいた皆様と意見交換できれば幸いに存じます。

日時:2014年2月22日(土)18:00~20:00
会場:神戸市立新長田勤労市民センター別館
   ピフレホール 会議室A
  (JR、神戸市営地下鉄 新長田駅 南側すぐ)

シンポジウム
神戸における日本語教室の連携のあり方を考える

日時:2014年2月15日(土)13:00~16:30
会場:(公財)神戸国際協力交流センター会議室
定員:50名(先着順)

ページの内容を自動翻訳します。
Automatic translation 
(自動翻訳ですので翻訳が不十分な場合もあります。ご了承ください)
ページ上部へ